セールスフォース事業本部
シニアコンサルタント筒井良治 

「セールスフォースのスペシャリスト」と言われる存在に。     シニアコンサルタントの挑戦

技術を身に着けたいと考えて、2014年にIT業界に飛び込んだ筒井 良治。現在は、株式会社グローバルウェイでセールスフォースプロジェクトのシニアコンサルタントを務めています。新しいことにチャレンジして成長を続け、知識や技術の還元も忘れたくない。そんな筒井が、仕事への想いを語ります。

新サービスを積極的に導入。売込みや開発まで手掛けるプロジェクトリーダー

私は現在、株式会社グローバルウェイ(以下、グローバルウェイ)のセールスフォース事業本部で、シニアコンサルタントとして働いています。セールスフォースの導入促進や、開発・保守を担当するプロジェクトチームでリーダーを務めています。

このプロジェクトでは、大手電子機器メーカー向けに開発された、顧客からの問い合わせ管理パッケージ「Service Cloud」の開発と保守を担当しています。また、別の大手企業向けでは、コミュニケーション活性化のためのプラットフォーム「Experience Cloud」の保守や追加開発にも携わっていますね。

これまでは、チームのマネジメントや開発業務、さらにシステム構築後のフォローや導入推進といったソフト面にいたるまで幅広く携わってきました。開発業務では、セールスフォースの開発案件を中心に多様なシステム導入や保守プロジェクトを経験し、要件定義から設計、開発、保守まで全工程行ってきました。

これらの経験があったからこそ、プロジェクトリーダーとしての役割の中でも、顧客ニーズに合わせたサービス仕様変更の提案や追加開発などができたのです。こうした部分は私の強みだと感じています。

また、セールスフォース事業本部の新しい取り組みのひとつとして、まだ国内の導入事例が少ない製造業向けパッケージ「Manufacturing Cloud」の売り込みがあります。他社に先んじてManufacturing Cloudの導入を提案できるように、デモシナリオやPR資料の作成しました。

その甲斐もあり、製造業の顧客から「導入の際にはグローバルウェイにお願いしたい」との指名をいただいたこともあります。グローバルウェイは、新しいサービスを率先して導入していける企業になっていると自負しています。

“開発の標準化”を常に意識して、経験値を積み上げる

もともとITとは縁遠い文系の大学を卒業して就職しましたが、20代半ばで「どこでもやっていけるスキルを身に着けたい」と考えるようになり、2014年にIT業界に飛び込みました。前職時代、顧客のもとで開発を行う会社で働いていたのですが、その時にセールスフォースのプロジェクトを通じてグローバルウェイに出会いました。

グローバルウェイのパートナーとしてアサインされ、プロジェクトメンバーのひとりとして参画した際には、非常に多くのことを学びました。どのようにプロジェクトを動かすのか、どのように顧客に提案するのか、課題が出た際にはどう解決するのかといったことを経験し、大変有意義なプロジェクトだったと思います。

その際に、当時のマネージャーから「グローバルウェイに入ってみるつもりはないか」と誘われたのが、今の私の原点です。

グローバルウェイ入社後は、法人向け衛生用品販売業者のERPリプレイスや大手銀行向けSales Cloud導入、大手ECサイト運営会社の出店店舗情報管理システム保守など、セールスフォース関連の開発プロジェクトに数多く携わりました。このころから、セールスフォースにおける開発の標準化を常に意識しています。

これらの経験をする中で、セールスフォースのプロジェクトではどのように開発を進めていくのが良いのかを学ぶことができました。開発プロジェクトを円滑に進めるための手法やプロジェクト上でのリスク管理方法などを、実際に経験値として積み上げることができたのは貴重な経験でした。

現在は、大手電子機器メーカー向けService Cloud導入のプロジェクトで、初めてプロジェクトリーダーを務めています。自分の中で積み上げてきた「セールスフォースにおける開発の標準化」が役に立っていると実感しています。

プロジェクトリーダーとしてぶつかった壁。風通しの良い社風が解決のカギに

私が正式にプロジェクトリーダーとなったのは、入社して4年目のことでした。リーダーになると、プロジェクトメンバーに気を配ると同時に、社外の顧客とも円滑に意思疎通することが必要となります。それを意識して自分からコミュニケーションをとり、良い関係を築くことを心がけてきました。

プロジェクトのスケジュール管理やメンバーへの適切なタスク割り振りについては、慣れるまでずいぶん苦労しました。スケジュール通りに進まない際は、顧客とどう調整するのか、社内の誰をどのように配置すれば解決できるのかといった判断が必要でしたが、とても難しいものでした。

しかし、グローバルウェイは職位間の風通しが良く、オープンな関係を築けているのが特徴です。そのため、同じような経験をしているマネージャーやプロジェクトリーダーに相談することで、難しく感じた問題も解決にこぎつけることができました。

顧客対応で会社を代表して表に立つのは、プロジェクトリーダーです。顧客と良い関係を築くことができ、追加の仕事依頼をいただけたことは、プロジェクトリーダーとしてとても嬉しいことでした。

プロジェクトメンバーの一人ひとりが、常に新しい技術やサービスに敏感であることが、新しい価値を生み出します。そのため、未経験であっても今後の成長を見据えて採用し、1年程度の教育を通して一流になれるよう社内でサポートしていくことが目標です。

フォローしてもらえる環境があったから挑戦できた。更なる成長を目指して

セールスフォースの開発案件を中心に培ったさまざまな知識や経験を、会社やプロジェクトチームに還元していきたいです。

グローバルウェイの中で「セールスフォースのスペシャリスト」という立場を確立していきたいですし、対外的にも信頼関係を構築していくことで、依頼案件をどんどんとれるようなプロジェクトリーダー、あるいはマネージャーという存在になるのが目標です。

初めてプロジェクトリーダーになった時は、経験の浅さからうまく行かないこともありましたが、フォローしてもらえる環境があったことで思い切ってチャレンジできました。グローバルウェイは、非常に自由でオープンな社風です。あまり経験がなかった私に、積極的に仕事を任せてもらえたことは、自身の成長にもつながっているため感謝しています。

また、プロジェクトチームメンバーがどんどんチャレンジして成長できるようなサポート体制づくりも必要です。今後もその一端を担いつつ、ともに成長していけたらと考えています。

現在募集中の職種をチェックする

ENTRY